世界に1つだけの物

婚約指輪は結婚後どのように所持されていますか?

みなさんは、婚約指輪と結婚指輪の違いをしっかりと理解していますか。
婚約指輪というと女性の憧れであるといった方も多く、男性から女性に送られる非常に高価で思いのつまったものになります。
結婚指輪は結婚式の時にお互いが交換する指輪のことを指し、夫婦となった2人が結婚生活にて左手薬指にしている指輪のことをいいます。

このように、結婚後には結婚指輪は毎日しますが、婚約指輪は結婚後にはするものなのでしょうか。
婚約指輪だから結婚した後に身につけられないということはなく一般的には、婚約指輪はしまっておくといった方が多いかと思います。
シンプルな結婚指輪に比べ、日常的に使用するには高価でダイヤなどがついている場合にはなかなか使用する機会がないのが現実です。

パーティーや結婚式など着飾る場などに使用すると言った方が多いようですが、そう毎日パーティーがあるわけでもありませんので、閉まっておく方が多いのかもしれません。
婚約指輪をもっと身につけて活用したいといった方は、よりシンプルで普段使いできるようなデザインにしたり、指輪ではなく婚約の記念として時計にするなど、もったいないから活用できるものをといった場合も多くなっているようですので頭に入れておきましょう。

このページの先頭へ