世界に1つだけの物

婚約指輪は結婚後も身につけたい指輪って本当?

みなさん婚約指輪と結婚指輪の違いってもちろんご存知ですよね。
まず、婚約指輪は一般的には男性が婚約の証として送るといわれている指輪であり、結婚指輪は結婚式にお互いが交換し結婚している証として日常的に左手薬指にはめる指輪になります。
結婚指輪は基本的には外すことなくつけている方や仕事などでも身につけることができる指輪であることからもシンプルなものが主流となっていますが、婚約指輪は給料三カ月分ともいわれているように非常な高価なものが多くなります。

ダイヤや誕生石などこだわっている方も多いようですが、高価であり宝石がついているということもあり毎日身につけているといった方も少なく、実際には使用する時がなく閉まってあるという方が多くなっているようです。
しかし、やはり結婚指輪より高価で宝石などが煌びやかに輝いているわけですからいつも身につけていたいと思いますよね。

せっかくの婚約指輪は日常でも身につけやすいようにシンプルで普段に合ったものにするといった方も増えているようですのでぜひ参考にしてみてください。
煌びやかな指輪でもパーティーや結婚式などの出席の際に活用できたりしますので、どちらがよいのか考えてみましょう。

このページの先頭へ